窓際の陽だまりベンチシート

リビングで「座る場所」というと先ず最初に思い浮かぶのはソファだと思います。
サイズや形状、テクスチャ、デザイン、、自分の好みに合わせて選んだソファはリラックスできる特等席になりますよね。
そんなソファももちろん良いのですが、ソファの代わりあるいはプラスの要素としてベンチシートを造り付けるというのはいかがでしょうか?

造り付けのベンチシートの利点は友達が遊びに来た時など、たくさんの人が集まる際に座る場所をたっぷり確保できることや、置き型のソファと違い床や壁との隙間を無くせるため、掃除がしやすいことなどがあげられます。
他にも造り方によっては、下部を収納として利用できるといったメリットもあります。

窓際の陽だまりベンチシート
  

写真は Gk HAUS のリビングに設えた収納を兼ねたベンチシートです。
日差しが心地良い窓際に配置し、内側に向かって座る縁側のようなスペースとしました。
ベンチ下には日常的に使用するものをたっぷりと収納できます。

Filed under: Gk HAUS, 設計の工夫Tagged with: , , , , ,

魅力がいっぱい 中庭のある暮らし

「中庭」の持つ最大の効能はプライバシーを確保して窓やカーテンを開けっぱなしにできることではないでしょうか?
家が立ち並ぶ住宅街でカーテンを開けて窓の外の気配を感じながら日々の暮らしを送れるというのはそれだけで大きな魅力です。

せっかく大きな窓があってもそれが道路に面していると、カーテンなどを閉めずに生活するというのは難しいと思いますが、窓の先が中庭で外部から覗かれる心配がなければ、気兼ねなくカーテンを開けて、光や風を存分に取り込むことが可能となります。

魅力がいっぱい 中庭のある暮らし
 

写真はリビングダイニングから黒竹と大岩の和庭を眺められるHm HAUS です。
約5.5帖の東側の中庭からは午前中であれば、太陽の光が直接室内に差し込みます。
午後は直射日光は入らなくなっていきますが、外の塀に反射した間接光が室内を明るくしてくれます。
同時に、塀や庭が明るいことで視覚的な明るさも得ることができます。

 

隣家や近くのマンションなど、上の方から覗かれる心配がある場合は、窓のサイズを調整したり、雪見障子などで視線をコントロールするなどの工夫をすることで、家はより暮らしやすく気持ちの良い環境になっていきます。

Filed under: Hm HAUS, 設計の工夫Tagged with: , , ,

HPの”works”を更新しました

HPの"works"を更新しました
 

新築木造住宅の Si HAUS と マンションリノベーションの Tu HAUS をHPにアップしました。

Si HAUS は様々な素材を組み合わせることで空間を緩やかに区切ったり、つなげたりということを行いました。
各素材の持つ質感や良さを日々の暮らしの中で感じられる家です。

Tu HAUS はマンションの個室を家族の暮らしに合わせてすっきりと使いやすく整理するリノベーションです。
リモートワークにも対応できる書斎コーナーも設けました。

ぜひご覧ください。

Filed under: Tu HAUS, Si HAUS, NewsTagged with:

2021年スタートです。

  

2021年スタート
 

力強く輝く初日の出で気持ちよくスタートしました。
昨年から続く事に変わらず向き合い、新たに始まる事に挑戦する一年、そして、穏やかな一年になれば良いなと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

青木伸江建築研究所 

Filed under: NewsTagged with:

Ky HAUS 見積査定と減額案

Ky HAUSの工事見積もりが工務店より届きましたので、抜けているものや余分に入っているものが無いか、数量が適当かなどをチェックして査定内容としてまとめ、お施主さまにご報告に行ってきました。

このチェック、時間は掛かっても機械的な作業なので、さほど頭を悩ませることはないのですが、肝心なのはこの後の「予算に合わせるためにはどうするか」を解決することです。
何かを諦めたり、仕様を変えたり、、一旦、事務所で予算に納まるように減額案としてまとめたリストを作成し、こちらも内容をご説明させて頂いて、お施主さまに採用可否の判断をして頂きます。

Ky HAUS 見積査定と減額案
 

いくつかは年末年始にご家族で相談していただくことになりましたが、お施主さまの取捨選択の決断がとても早く、潔く、あっという間に方針が決定。

打ち合わせの後は暫しおしゃべりに花を咲かせ、年末の挨拶をさせて頂いて失礼させていただきました。

コロナの影響もあって、スケジュールが伸びてしまいましたが、来年はいよいよ着工です!

Filed under: Ky HAUSTagged with: , , ,

Tu HAUS 完成しました

マンションのリノベーションを行っていた Tu HAUS が完成しました!
ということで、今回はWEB内覧会です。

少し手直し工事と追加工事が残っていますが、住みながらの工事なので、早速使って頂いています。

Tu HAUS 完成しました
 

手前の畳部分が客間、向かって左が書斎、右が納戸です。
中央の障子は2枚重なっていて、それぞれ納戸の扉と書斎のパーティションになります。
破れにくく、拭き掃除ができるワーロンシートを障子紙に選びました。

Tu HAUS 完成しました
 

書斎コーナーです。
広さは2帖弱とコンパクトですが、幅1250mmの広いデスクとたっぷりの本棚を設置。
デスクの左側は窓になっていて、仕事や作業の合間に外が眺められるのも魅力です。
まだまだ続くテレワークでも大活躍しそうです。

Tu HAUS 完成しました
 

納戸はハンガースペースと可動棚スペースを組み合わせました。
ハンガーのエリアは床に衣装ケースなどのアイテムを置いて使えます。

床の黒い丸はというと、、、

床下収納の蓋の取手です。
穴を開けただけのさりげない手掛けにしています。

蓋は24mm厚のラワン合板を切って手掛けの穴を開けただけと、手は込んでいませんがとっても頑丈です。
骨組みと表面化粧板で作成するフラッシュパネルに比べると重量があるため、1枚ずつが重くなりすぎないように、小さめで4枚を並べました。
開くのは中央の通路部分のみですが、たくさん収納できるように、中央から両サイドの棚下の空間にも荷物を入れられるようになっています。

今回の改修で”お家時間”が少しでも快適になれば嬉しいです。


—— Tu HAUS の竣工写真は<こちら>です。——

Filed under: Tu HAUSTagged with: , , ,

上りやすいロフトと梯子

今回は上りやすく、使いやすいロフトを作るための工夫をご紹介します。

ロフトを作る目的の一つは何と言っても大容量の収納スペースを確保することではないでしょうか?
かさばるストーブ、扇風機、布団などの季節物や、年月が経つにつれて徐々に増えてしまう様々な荷物を収納するためのスペースとして、ロフトはとても魅力的です。

屋根裏に設ける一般的なロフトの場合、スペースの制約や法律の規制などからアプローチのための手段を階段ではなく梯子とする場合が多いですが、この梯子がなかなかのくせ者で、普通に上り下りをするのには問題がなくても、大きな物や重い荷物を持って手が塞がった状態で上り下りするのはそれなりに難しく、危険も伴います。

そこで、私がロフトを設計する際はまず、できるだけロフトを低い位置に設定するようにしています。
写真は Sa HAUS の2階の上に設けたロフトですが、2階の床からロフトの床までの高さは2.2m。
軽い物なら椅子や脚立に乗って手を伸ばすだけで、直接上げ下ろしができる高さです。

さらに、Sa HAUSでは、高さ70cmのカウンターの上に梯子を設置しました。
こうすることで、少々重たい物でもカウンター上に立ってロフトの床に置いてから、手ぶらで梯子を上がることが可能になります。
梯子の段数も少なくなるので、梯子自体も上りやすくなり、おすすめです。

ロフトを計画されるという方は、上りやすさも考慮して、ぜひ使い勝手の良いスペースにしてくださいね。


Filed under: Sa HAUS, 設計の工夫Tagged with: , , ,