家の中の窓「ウチマド」

家の外壁には必ず窓があります。

窓は光を取り込んで風を通し、室内の環境を良くしてくれますが、壁で区切られた部屋に窓が1つしかないと、なかなか部屋全体に風を通して空気を入れ替えるのは難しくなります。
また、窓の外に十分な空間があれば良いですが、隣の建物が迫っている場合は光も入りにくくなります。

そんな時、部屋と部屋を仕切る間仕切り壁にも窓を付けることで、家全体に風を通したり、日射しの良く入る隣の部屋から間接的に光を取り入れることが可能となります。

私はこの室内の窓を「ウチマド」と読んで、積極的に設計に取り入れるようにしています。

 

写真は、Sa HAUSの2階、吹き抜けを挟んだ2つの個室に向かい合うように設けたウチマドです。
和紙の代わりに破れにくい不透明のアクリル板を用いた障子を入れ、閉めていても光が透過するように計画しました。

夜に個室の照明を付けると漏れるほのかな灯りも良い雰囲気です。

音は漏れやすくなりますが、その点が気にならない方には、家族の気配も伝わり住環境も良くなるのでおすすめです。

Filed under: Sa HAUS, 設計の工夫Tagged with: , ,