カテゴリー: Fk Studio -Studio LUP-

収納を兼ねた機能的な手すり

建物の上下をつなぐ階段や吹き抜け。
人や空気が移動するスペースとしての役割はもちろんのこと、連続性や広がりを生み、変化のある空間をつくるための効果的な要素の1つにもなります。

ただし、その周りには誤って落ちることがないようにするための対策が必須です。
代表的な方法は壁を建てたり手すりを設置することですが、手すりを設置するにもコストが掛かる!ということで、今回は別の機能を兼ねた落下防止策をご紹介します。

収納を兼ねた機能的な手すり
 

写真はFk Studio – Studio LUP- の2階の階段ホールに設置した手すりを兼ねた収納です。

2階をヨガスタジオとして使用するため、どこかにヨガマットを収納する場所が必要でしたが、限られた面積の中で、奥行き60cmの収納棚を普通に設置すると、空間に多大な圧迫感を与えてしまいます。
そこで、収納の半分を階段の上部に張り出して設置することでスペースを有効に活用すると共に、落下防止の手すりも兼ねるように計画しました。

見せる収納で、ヨガグッズもインテリアアイテムの1つとなっています。

Filed under: Fk Studio -Studio LUP-, 設計の工夫Tagged with: , , ,

迎え入れてくれるポーチ

「ポーチ」って何だか分かりますか?

建築では、玄関やエントランスの外側にある庇が付いた空間を言います。
主な役割は扉を開けた時に建物の中に雨が吹き込むのを防いだり、傘をさしたり閉じたりする際に雨に濡れるのを防ぐことです。
他には、玄関扉に雨や直射日光が当たるのを防ぎ、劣化しにくくするという役割もあります。

迎え入れてくれるポーチ
 

Fk Studio -Studio LUP- ではスタジオという用途上、レッスンの前後に生徒さんが集中するため、一般的な住宅より広めのポーチを設けました。

また、庇と合わせて袖壁(※)を設けることで、より雨風や日射しを防いでくれるスペースとなるようにデザインしました。
訪れた人を迎え入れ、次の場所へ向かう人が準備を整えるための場所として包容力のある空間となっています。

ポーチの広さは敷地の大きさにも影響され、庇のサイズや形状は建物の外観や印象に大きな影響を及ぼすため、全体的に計画する必要がありますが、機能的には用途に合わせて十分広く、可能であれば奥行きを深く取るのがおすすめです。


※袖壁:「Studio LUP」のサインが付いている壁 です。

Filed under: Fk Studio -Studio LUP-, 設計の工夫Tagged with: , , ,