カテゴリー: Uc School

スペースを家具で仕切る

前回と前々回の記事では、スペースをガラスで仕切ることの効果について書きましたが、今回は家具で仕切るケースをご紹介したいと思います。
壁で仕切らずに家具で仕切ることの一番のメリットは壁の厚み十数センチ分のスペースを有効に使えるということ。

Tc School -クラーク 記念国際高等学校大阪天王寺- の多目的ルームではパイプ椅子や部活動で使う楽器などを収納する倉庫を設けるにあたり、メインのスペースとの間仕切りを目隠しと収納を兼ねた家具で行い、限られたスペースを有効に活用するよう計画しました。

スペースを家具で仕切る
 

倉庫の中の収納物が全く見えないように、高さ1850mmまでは背面パネルを付けていますが、最小限の広さの倉庫のため、内部の閉鎖感の緩和や防災、換気の観点から上部はオープンとしています。
用途上、音漏れ対策は必要ありませんので、こうすることで多目的ルーム側の視覚的な広がり効果も得ることができます。

間仕切り家具にはPBLなどのグループ学習を行う際に使用するスツールを多目的ルーム側から収納できるようにし、必要な時に学生が手軽に取り出せるようにしています。
また、上部には学生の作品を展示する場所を設け、発表会や学校説明会の際に紹介できるようにしました。

スペースを家具で仕切る
 

また、Uc School -クラーク 記念国際高等学校大阪梅田- では、学習スペースと動線部分を仕切るために家具を利用しました。
完全に分ける必要はなく、適度に視線をカットし、適度に視線が抜けるようにするために、家具は背面パネルを所々抜いたデザインとし、2つのスペースをゆるやかに分けています。

通路側にはゴミ箱を収納し、傘立てや自動販売機も家具により死角となる場所に置くことで、学習スペースがスッキリとした印象になります。
また、学習スペース側には本やパンフレット等が置けるようになっており、学生が飼育している魚が泳ぐ2つの水槽はどちら側からも見えるように計画しました。

このように、家具で仕切ることにより、スペースをしっかりと仕切るのか、緩やかに仕切るのか、仕切り方の程度も自由に調整することができ、スペースのゾーニングの仕方にバリエーションを持たせることも可能となります。


Filed under: Tc School, Uc School, 設計の工夫Tagged with: , , ,

スペースをガラスで仕切る

スペースをガラスで仕切ることの主な目的は2つあります。
1つは直接外部からの光を取り込めないスペースに間接的に光を取り込むことで、もう1つは仕切られた向こう側が見えるようにすることです。

後者の「向こう側が見える」にも様々なパターンがあります。
代表的なのは向こう側の「活動」や「様子」が見えるというパターンで、音や場合によっては匂いなどを遮りたいけれども、中の様子が見えるようにしたい場合にガラスを間仕切りに使います。

スペースをガラスで仕切る-1
 

写真は Uc School -クラーク記念国際高等学校大阪梅田- のフリー学習スペースですが、正面の濃紺の壁の向こう側が職員室になっていて、中央に設けた窓を介して職員室から学習スペースにいる生徒の様子が窺える様になっています。
同時に、学習スペースからも職員室の様子が垣間見え、用事がある際に職員室に入りやすく、先生との距離を縮める効果があります。

スペースをガラスで仕切る-2
 

向こう側の「空間」が見えるというパターンもあります。
壁にすると閉鎖感や圧迫感が生じてしまうような場合に、ガラスで仕切ることで視覚的な広がりが得られます。

写真は Yh Hotel -星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル- の半露天付き客室です。
限られた間口の中で、客室の寛ぎスペースと半露天風呂それぞれの開放感と迫力のある眺めを確保するために、2つのスペースの間仕切りにガラスを使用しました。
向こう側の「空間」が見えることで、どちらのスペースも実際より広く感じることができ、向こう側の「空間」を介してワイドな景色を楽しむことができる様になっています。 

もちろん、浴室使用時には開放的すぎると落ち着かないというお客様も安心して泊まれるように、浴室側はロールスクリーンを下ろして視線をカットすることができるように計画しています。

Filed under: Uc School, Yh Hotel, 設計の工夫Tagged with: , ,